額

額というと、現代では絵や写真を入れて飾ることが多いと思いますが、昔は書などを入れておくことが多かったようです。絵は掛け軸や屏風などにしておくことが多く、絵を入れた額というのは江戸時代くらいまでは見当たりません。 みなさんのお宅でも、文字を入れてある額がありましたら、どうごお知らせください。 写真は、私の家にあるもので、漢文が額に入っています。星島二郎先生の書で「和気満堂」(わきまんどう)と書いてあります。「和やかな気が家に満ちている」という意味です。 写真に撮って送ってくださる場合は、光の写り込みによって文字が隠れてしまわないようにご注意ください。